松井秀喜氏巨人キャンプで、臨時打撃コーチ!過去2度の臨時コーチの歴史に迫る!

松井秀喜氏が再び、宮崎にやってくる。

さてさて、今回は・・・

松井秀喜氏巨人臨時打撃コーチ就任について。

松井秀喜氏はこれまで2度巨人の臨時打撃コーチとして、巨人キャンプを訪れています。

今回はその松井秀喜氏の過去コーチっぷりを振り返り、過去の臨時コーチ・松井秀喜の功績をまとめました!

松井秀喜氏1度目の宮崎キャンプ臨時打撃コーチ(2014年)

松井秀喜氏が1度目の臨時コーチに就任したのは2014年。

コーチに就任した松井秀喜氏は選手たちに打撃指導を行う一方で、フリーバッティングも披露しました。

この時は「基本的な、自分が感じる大切なことだけを伝えた。」

と松井氏本人が話すように、訪問期間が短かったので、基本的な指導に終始した模様です。

  • ボールを長く見るための方法
  • 強く振るための方法

が指導の中心で、当時将来の長距離砲として期待されていた大田泰示らを指導しました。

バッティングピッチャーやノックも

松井氏は自らがバッティングピッチャーを務め、室内練習場から球場まで精力的に動き回りました。

そして、外野ノックのノッカーになった松井氏。

残念ながら、ノックの腕は思わしくなく、かなりの数を空振りしてしまっていました。

バッティングピッチャーの方は好調で、ほとんどの球をストライクに投げ込み、事なきを得る結果に。

なんだかんだで、松井氏は「何をしていてもニュースになるなぁ」という印象を受けました。

 

松井秀喜氏2度目の宮崎キャンプ臨時打撃コーチ

2度目の打撃コーチは2016年。

高橋由伸監督就任1年目のことでした。

2016年のキャンプでは宮崎キャンプにフル帯同。

主力選手だけでなく、若手選手や2軍選手、そして、3軍の練習場にも足を運んでいました。

松井氏いわく「全選手に期待している」とのことで、行動でそれを示している姿が本当に印象的な2016年キャンプでした。

 

坂本首位打者獲得

松井氏の指導は一貫して、「軸足に体重を残す」「一流打者はその場で回転する」というもの。

その他にも様々な指導がありますが、指導の中心は上記の内容でした。

そんな松井氏の指導によって、坂本も打撃フォームを右足に体重を残すものに変更。

その年にはセ・リーグショート初の首位打者に輝きました。

 

松井秀喜氏3度目の宮崎キャンプ臨時打撃コーチとなる2018年

3度目の臨時打撃コーチとなる2018年宮崎春季キャンプ。

巨人は昨年の4位という結果を受け止め、逆襲に燃えています。

昨シーズン4位に低迷した原因は様々ですが、打線の破壊力不足はその敗因の中の一つ。

1人1人の打撃力を強化して、2018年は破壊力ある打線の構築を目指してほしいです。

 

松井秀喜氏の臨時コーチ〜まとめ〜

松井秀喜氏が再び臨時コーチに就任しましたが、チームの打撃力は強化されていくのでしょうか?

伸び悩んでいる若手選手が多いので、是非打撃力を鍛えていただいて、5年・10年とレギュラーを張れる選手が育って欲しいです。

そろそろ20代前半のレギュラー選手が出てこないと本当にヤバイ・・・というより、すでにヤバイので、松井氏の打撃理論によって、進化した若手選手の台頭を期待しています。

巨人は人的補償で移籍する選手が毎年のように出てきています。

2017年に流出したのは高木勇人。

その前の年には山口俊の人的補償で、平良が流出。

さらに、その前には相川の人的補償で、奥村が流出しました。

巨人の人的補償流出・・・これまでを振り返っていきます。

一岡以外の人的補償

人的補償選手がFA選手より活躍した例を探すのは極めて難しい。

過去のFAを見てみても、村田修一の人的補償藤井秀悟。

片岡治大の人的補償脇谷亮太、豊田清の人的補償江藤智など、FA選手の方が成績は残しています。

奥村や平良はまだ若手なので、この先どうなるかはわかりませんが、今現在人的補償選手の方が活躍してるといえるのは一岡ぐらいです。

一岡の活躍は確かにインパクトはありますが、人的補償選手の方が活躍する確率はかなり低いのが現状です。

 

確率で見るしかない

結局、完全な正解はありません。

なので、確率という数字に頼るしか方法はありません。

数字に頼るとするならば、補強した方が勝ちには近づきます。

成績のいい選手が加入する方が勝つ確率は高まります。

 

補強頼りはダメだが、優勝回数が多いという事実もある

ここ最近は広島の優勝回数が多いのは事実。

しかし、結局のところFA制度が始まってからのトータルで見ると、補強したチームの方が優勝回数が多いというの事実です。

直近3年を見れば、確かに強くはないでしょう。

ただ、トータルで見た時にお金と補強をしたチームの方が優勝する確率は高いのです。

 

ファン心理か優勝か

優勝するのに最も近い方法は補強。

これはここ20年ほどのプロ野球を見て頂ければわかる通りです。

村田・杉内・ホールトンを獲得した2012年は大型補強と言われながら、日本一を果たしました。

ラミレス・グライシンガー・クルーンを獲得した2008年はリーグ優勝を果たしました。

小久保・ローズを補強した2004年は3位。

そして、2000年以降ではセ・リーグ最多の8回の優勝を果たしています。

ファン的には若い選手の台頭を待ちたいところですが、優勝するなら、補強が最善手なのです。

 

育成で優勝するには10年間我慢が必要な時もある

よく今年は育成の年にして、「来年は・・・」という意見を見かけますが、そんなものではありません。

まず1年育成の年にして、その次の年に飛躍してくれるケースは稀です。

全く試合に使わないよりは成長するのは当然ですが、1軍レギュラークラスが次々と育つわけではありません。

育成で勝つというのなら、5年間我慢して育成して、10年後に優勝しようというぐらいの覚悟が必要なのです。

広島カープも優勝するまでに25年という月日がかかっています。

広島カープの育成力を評価する本などが並び、実際に育成力は凄いと思いますが、優勝するまでに途方もない時間を費やしているのです。

巨人ファンがそれを許容してくれるとは思いません。

本当に若手を育てて優勝したいと言うのなら、今年は我慢して来年という甘い考えは捨て、5年~10年スパンで考えていかなければならないと思います。

 

人的補償の方が活躍する確率は少ない~まとめ~

人的補償で移籍した選手は若い選手もいて、ロマンはあります。

しかし、現実過去を見ると人的補償の選手の方が活躍するなんていう確率は低い。

高年俸なのに・・・という方もいますが、FA選手なら、グッズなどでそれなりに費用回収できることを考えれば、それほど痛手はないでしょう。

補強ばかりするのは確かに気が引けますが、補強するのが優勝を最も多くする方法であることもまた事実。

2014年も大竹の補強によって、夏場を乗り切り、優勝できた側面があるので、野上の補強もそのようになることを期待します。